ファスナーが送料無料じゃなくても格安価格♪タープテント

(画像1参照) 間隔を2〜3cm広げることで、シワなどによる雨樋の流水抵抗が少なくなり、流れやすくなりました。対策として、下記のようにしたら、いくらかはマシになりました。)もちろん、その分、樋の深さも深くする必要が有りますが・・・。

これっ!

2017年01月25日 ランキング上位商品↑

タープテント ファスナー【あす楽】タープテント専用【G3】タープテント専用 連結雨どい(※テント連結面ファスナーベルト6本付き)【送料無料】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

1.連結した2つのタープの間隔を広げる。とても助かる商品でした。柱(脚)に縦樋を付け、サイドシート下部から外に出さねば、タープ内に水が溜まります。しかし!雨樋の構造上!サイドシートを連結すると!樋の端が外に出ない構造になってしまいます。雨漏りとは関係有りませんが!付属品の面ファスナーベルト×6本の内!1本にはD環(□環)が付いていませんでした。他の方々が言われていたとおり!ジッパー(ファスナー)部からの雨漏りがヒドイです。2.中央部を高くする。付けて安心していたら!だだ漏れで下に置いていた物が台無しに!。新製品かどうかは知りませんが!2つのタープの間に広げるシートは面白そうですね。ありがとうございますm(_ _)m雨の日に使用しました、全然役に立ちませんでした。中央部の1箇所を!張り綱で下に引いて低くして雨水を流すのも!1つの方法だと思いました。こんな商品ないものかと思ってました即購入!新モデル対応商品でしたが、なんとかいけるかと…しかし、やっぱりダメでした…旧モデル対応の商品が欲しい!取り付けも超簡単でした。完全に雨漏りを無くすには!ダイビング用のドライスーツなどで用いられている防水ジッパーにするしかないのかな??簡易的には!ジッパー位置を3〜5cm上部に付けるか!天幕の垂れ部分を3〜5cm長くして!ジッパーと垂れ部の下端との距離を長くしたらどうでしょう?(ジッパーの布部は完全に隠す。1.と2.の対策をした結果!”ジャジャ漏れ” 状態から!”ポツポツ漏れ”状態になりました。真ん中から雨がポタポタまったく雨どいの機能をしてくれませんでした両端は良かったんですけど・・・最初の届いた時点でのレビュー及び評価を下方修整します。まぁー、有っても無くても大したことではありませんが・・・。買って正解です。(画像2参照) フレームと天幕との間に、幅(高さ)が10数cmの板を挟み、勾配を急にして流れやすくしました。ただ!これでは全面シート仕様には出来ませんが・・・。